HISTORY
大川家具とアルファタカバの歴史

家具のまち、大川
福岡県と佐賀県の県境に位置する大川市。
長い歴史の中でブランドを確立してきた「大川家具」と
伝統を受け継ぎながら新しい発想で進化を続ける
アルファタカバの歴史をご紹介いたします。

大川家具

THE HISTORY
OF OKAWA

01

九州最大の
一級河川「筑後川」の恩恵

筑後川の河口にある大川は、上流の木材の産地であ る日田より川を下ってくる材木の集積地として発展 し、海上交通の重要な交通の要所となっていきまし た。その中心が大川家具の発祥の地と言われている 「榎津(えのきづ)」で、この地名は、室町時代に 高度な船大工の技術を生かして榎津指物を始めたと 伝わる「木工の祖 榎津久米之介」に由来するとも 言われています。

職人made大川家具

THE HISTORY
OF OKAWA

02

480年の歴史と伝統に
よりブランドとして
確立した「大川家具」

明治時代には、大川家具は全盛期を迎え、さらに昭和 に入ると国鉄開通により販路が一気に拡大しました。 そして昭和30年には大阪で開催された西日本物産展で 河内涼デザインの「引き手なし箪笥」が最高賞を受賞 し、そのデザイン性と技術の高さから「家具の町大 川」として全国的に有名になりました。
現在でもその伝統を受け継ぎながら、さらに新しい発 想で進化し続けています。

HISTORY

大川家具とアルファタカバの歴史

弊社の沿革を大川家具の歴史と一緒にご紹介いたします。

大川家具

株式会社アルファタカバ

■・・・大川家具

■・・・株式会社アルファタカバ

1949年(昭和24年)

木工産地として復活し、家具づくりを再開。同年、国より「重要木工集団地」の指定を受ける。

1955年(昭和30年)

「西日本物産展」で、河内諒デザインの和ダンス(大川調の「引き手なしたんす」)が最高賞を受賞。またこの時期に全国への進出。

1963年(昭和38年)

家具メーカーで組織する「協同組合大川家具工業会」発足。

1971年(昭和46年)

展示会場を備えた「大川産業会館」が建設される。

1974年(昭和49年)

戦後のベビーブームによる、急激な結婚や新築のラッシュにより日本 一の家具産地となる。

1983年(昭和58年)

旧社名、(株)アルファソノダとして会社創立。福岡県大川市中古賀 の(株)園田産業内にて発足した。

1987年(昭和62年)

イタリアの家具産地「ポルデノーネ市」と姉妹都市締結。 財団法人 大川総合インテリア産業振興センター設立。

1988年(昭和63年)

本社を現在の福岡県大川市鐘ヶ江へ移転。

1989年(平成元年)

福岡県大川市中古賀に新倉庫を建設。

1990年(平成2年)

「デザイン・イヤーin大川」の集大成イベント「国際デザイン・フォ ーラム」開催。世界に羽ばたくインテリアシティとして大きな一歩を 踏み出す。

1996年(平成8年)

社名を(株)アルファタカバへ変更する。

1997年(平成9年)

製造部門(有)インテリアアルファを設立。

2005年(平成17年)

真空プレス部門(有)アルファオメガを設立。

2006年(平成18年)

製造部門と真空プレス部門を(株)アルファタカバへ統合。

2009(平成21年)

ウォルトディズニージャパン(株)のライセンス商品を製造販売開始。

2016(平成28年)

(株)サンリオ、ワーナーブラザースジャパン(同)のライセンス商品 を製造販売開始。

FEATURE

世の中に夢のある仕事を

歴史ある家具のまち「大川」で伝統を受け継ぎながら、新しい発想で進化し続けます。

商品の事や弊社の事など、お気軽にお問い合わせください。